12月中旬3冊セット販売【セフィロトの樹】他

R-18

12月中旬3冊セット販売【セフィロトの樹】他

  • 物販商品(自宅から発送)
    発送までの日数:20日以内
    残り1点
    ¥ 2,500

こちらは購入者の方々に送料が高価になってしまうのが心苦しいため、セット売りを目的とした販売ページになります。 今回は【ぱーふぇくとくりみなる】【prayer】【セフィロトの樹】のセット売りカートとなります。 下記、【セフィロトの樹】がまだ未完成の為、完成次第送付手続きに入らせていただきます。 ※12月15日前後にお手元に届く予定です。 ■【セフィロトの樹】1000円フォトブック印刷/R/72ページ ・全面フルカラー。 ・普通郵便にて送付します。 (※送付先のみ記載。送り主未記載。) ・サイズは文庫サイズ (105×148前後) ・横書き ※只今執筆中作品になります。 ▼一部pickup▼ ノータイ、開襟・・・薄暗い部屋の中・・・ 軍人だし、どちらかというと服装に関してはズボラ人間と思っていたイザークにとっては、アスランもまともな服は持っていたのかと瞬間思った。 だが、その辺のマネキン人形が着ているものを大人買いしたんじゃないか?という思考も捨てられずにいた。 『ごめん・・・遅くなった。』 バーテンダーに、と同じものを・・・と、イザークが手に持つロックグラスを指をさしアスランは緩くイザークに向けて笑った。 相当急いできたのだろう・・・ 微かに漂う香水の香りがアスランの汗の香りと微妙に混ざっていた。 軍人上がりのイザークにとって、その香りは硝煙の匂い動揺、懐かしさを思い出させた。 クルーゼ隊・・・ 結局、結成から残ったのはイザークとディアッカ・・・そして、今はオーブで変わらず軍人稼業を行うアスランだけだった。 赤だけじゃなく、緑もいたのに・・・ 生き残ることの厳しさ・・・ でも、今は、そこについてあまり考えなくてもよくなった。 逆に種の保存について悩まなくてはならない時代に本格的に突入した。 『日勤の割に、遅くまで仕事しているんだな・・・今、何時だと思っている!?』 ...to be continue ⇒今、-Lick it-本を購入すると、執筆中のセフィロトの樹5000文字強読むことが可能です。 詳しくはコチラを参照にしてください。 https://ath.tokyo/kiss-plus-kageki/athruns-birthday-lick-it/

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパック で発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORY が製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

こちらは購入者の方々に送料が高価になってしまうのが心苦しいため、セット売りを目的とした販売ページになります。 今回は【ぱーふぇくとくりみなる】【prayer】【セフィロトの樹】のセット売りカートとなります。 下記、【セフィロトの樹】がまだ未完成の為、完成次第送付手続きに入らせていただきます。 ※12月15日前後にお手元に届く予定です。 ■【セフィロトの樹】1000円フォトブック印刷/R/72ページ ・全面フルカラー。 ・普通郵便にて送付します。 (※送付先のみ記載。送り主未記載。) ・サイズは文庫サイズ (105×148前後) ・横書き ※只今執筆中作品になります。 ▼一部pickup▼ ノータイ、開襟・・・薄暗い部屋の中・・・ 軍人だし、どちらかというと服装に関してはズボラ人間と思っていたイザークにとっては、アスランもまともな服は持っていたのかと瞬間思った。 だが、その辺のマネキン人形が着ているものを大人買いしたんじゃないか?という思考も捨てられずにいた。 『ごめん・・・遅くなった。』 バーテンダーに、と同じものを・・・と、イザークが手に持つロックグラスを指をさしアスランは緩くイザークに向けて笑った。 相当急いできたのだろう・・・ 微かに漂う香水の香りがアスランの汗の香りと微妙に混ざっていた。 軍人上がりのイザークにとって、その香りは硝煙の匂い動揺、懐かしさを思い出させた。 クルーゼ隊・・・ 結局、結成から残ったのはイザークとディアッカ・・・そして、今はオーブで変わらず軍人稼業を行うアスランだけだった。 赤だけじゃなく、緑もいたのに・・・ 生き残ることの厳しさ・・・ でも、今は、そこについてあまり考えなくてもよくなった。 逆に種の保存について悩まなくてはならない時代に本格的に突入した。 『日勤の割に、遅くまで仕事しているんだな・・・今、何時だと思っている!?』 ...to be continue ⇒今、-Lick it-本を購入すると、執筆中のセフィロトの樹5000文字強読むことが可能です。 詳しくはコチラを参照にしてください。 https://ath.tokyo/kiss-plus-kageki/athruns-birthday-lick-it/